タマネギってこんなに体に良いんだ!意外と知らないタマネギの効能とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どこのご家庭にも常備されていると言って過言ではないほど、当たり前のように食べているタマネギ。炒め物、煮物、サラダなど幅広い料理に使われますが、タマネギの効能については気にした事がない方も多いのではないでしょうか?意外と知られていないタマネギの成分と、その効能について詳しくお伝えします。体に嬉しい効果が満載ですので、ぜひチェックしてみて下さいね!

タマネギの効能

<カロリー>カロリーはタマネギ100gにあたり、約37kcaです。甘みも感じるので高カロリーに思えますが、カロリーはかなり低めです。

<食物繊維>食物繊維の含有量は約1.6gになります。食物繊維が含まれていると満腹感も得やすく、便秘解消にもつながります。

<ミネラル>多くのミネラルが含まれていますが、カルシウム、カリウム、亜鉛の他、特に多く含まれているのはリンで、リンには脳を作るのに欠かせない大事なミネラルです。

<硫化アリル>包丁で切ると目に染みて涙が出たという経験があると思いますが、それは「硫化アリル」という成分が原因になります。硫化アリルは、胃の消化液の分泌を促進させて食欲を増進させたり、血液に作用して高血圧を改善する効能もあるようです。

<ケルセチン>茶色の外皮を向いた後は捨ててしまいがちですが、外皮にはケルセチン、硫化アリル、ビタミンA、B1、B2、Cや鉄、ミネラル等の栄養素が豊富に含まれているのです。特に、ポリフェノールの一種のケルセチンが多く含まれていて、ケルセチンには活性酸素を防ぐ力を持っており、発ガンや老化、痴ほう、動脈硬化などを防ぐことが期待されています。また、ケルセチンはポリフェノールの中でも特に脂肪抑制効果が強く、脂肪燃焼アップや脂肪の吸収を抑えてくれる働きをするのでダイエットをされている方には最適といえる成分でしょう。

いかがでしたでしょうか?こんなに体に良い事尽くめだと、タマネギの見方が大きく変わりますよね。これからも積極的に摂取したい食材です!

スパイス・ハーブのことを詳しく知るなら、資格取得がおすすめです

スパイス&ハーブコンサルタント資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加